本站域名 So3k.com 来源于 So Thanks 日本留学网的发音,蕴含了所有员工对大家给予支持的感激之情,今后也请多关照,各位、So3k !

蒼井空は日本のAV女優である。4月11日、ツィッターで登記したばかりで、中国のインターネット利用者に見つけられた、一気にフォロワーが3千人を超し、1日のうちに、2万人に達した。2カ月後、あるネットゲーム会社に招待されて、上海に来た。その会社の製品の普及活動に出席してから、ファンたちからの熱い歓迎を受けた。中国の主流メディアも、蒼井に関するニュースを掲載した。

 AV女優が人気を持つことは、なんらおかしくはない。しかし、いわゆるその女優たちのフアンは沈黙し、屈折した性意識を持っている人の場合が多い。だが、今回は以前とまったく違う。蒼井空が、文化界の中で、大きな騒ぎを引き起こした。多くの追随者は、自分の身分を公開し、その中には、数人の有名人もいた。人々は、蒼井に高い評価を与え、「彼女は綺麗なだけではなくて、自分の仕事にも熱心だ」と褒め称えた。それから、玉樹の地震被災地区にお金を寄付したというニュースも、人々の間に広がっている。今や「人徳と芸才を兼ね備えた蒼井空先生」と呼ばれているのだ。

 蒼井は、中国の人々からの歓迎を喜んで受け入れたが、それも少し予想外なことだと思っている。いくつの日本のメディア人もまったく理解しかねて、「日本の成人映画が主流の文化ではないと」と弁解しようとした。しかし、分かっていないことは、この中国語の文脈の中で、蒼井空は一人のAVの女優としてだけではなくて、その名前は1種の抗争の言葉になった。

 ちょうど1年前、蒼井の中国に対する印象がかなり違ったものだった。その時の報道によると、他の日本のAV女優2人が広州の烈士陵園の近くにあるバーで公演して、インターネット利用者からのボイコットに遭った。蒼井は、「このニュースはいいかげんだ。私は絶対、AVに偏見を持つところへは行かない」という声明を発表した。実は、蒼井は前に上海に来たことがあったが、その時の状況は冷淡なものだったという。

 蒼井は、中国の変化を目撃したというより、むしろ中国の側面が見られたというほうがいいのである。広州の烈士陵園での公演を、ボイコットした人々はまだ依然として存在する。しかし、成人映画に対する需要でも、やはり思い切って自分の「低俗」な趣味を承認したにもかかず、この「側面」はすべて存在している。生活の中では、日の光には、影も存在している。しかし、私たちはいつも日の光に、すべての隅を明るくさせるように求めて、結果は1枚の色の単調な社会の未来図を想像して作り出すことしかできない。このような社会の未来図は、見事に曖昧さと薄暗さを隠し、ごまかすことができるかもしれないが、真実、誠実さと寛容さなどという美徳を失う恐れがある。

  蒼井は、ツィッターを通じて中国で多くのフアンを集めた。ただし、中国に来た後、ファンたちと近くにいるが、かえって顔を合わせなくなったということを気付いた。これは、この世論の騒ぎの別の一つの原因にもなり、蒼井が目撃した中国の変化にもなった。表現空間を妨げるべきものはなく、「多元化」になったと言ってもいい。困難が次々と重なっているが、ファンたちは一つの、言いたいことを言えるという舞台を手に入れただけではなくて、その上、突破もでき、これは二重の快感を重ねた。主流のメディアが合い争って報道したというこの現象は、むしろ成人映画を認める態度を持つということは、はっきり言えず、その境界を試験的に探索していると言うほうがよい。

 しかし、今回の騒ぎが論争を誘発する伝統的なゲームになったことを指摘しなければならない。蒼井は、中国で「AVに対する偏見」という印象を変えることができただけではなく、数え切れない尊敬と賛美も得た。しかし、蒼井が知らないことは、中国の政治的伝統の中では、「美人は往々にしてトラブルの種となるもの」「娼妓も国を愛する」、ひいては、「巾幗英烈」(巾幗とは婦人用の頭巾、すなわち女英雄で、男まさりの女傑である)と言う言葉がある点だ。この三つの言葉は、往々にして、同じ意味を持っている。女性が呪われるのか、または賛美されるのかは、自身の行動や態度が評価の標準になるとは限らず、時勢の需要によってツールになるだけである。蒼井はこのような時勢の受益者になることができたのは、苦しみや辛さを堪え忍んで、人に好まれて可愛い伝統的な女性のイメージが現れ、ちょうどこの勢いに乗ったからである。蒼井と一緒に公演した芙蓉姉姉と鳳姉は、伝統的な観念に対してさらに多くの挑発な意味を持って、認可を得ることができず、ついに、蒼井を侮辱したと非難された。これは、もしかすると、賞賛あるいはある程度の虚弱を体現したかもしれない。